Navigation – Plan du site

AccueilDossiersVaria2014監獄と文学の出会い ―囚人のための図書コンクール(1819-1821)―

2014

監獄と文学の出会い ―囚人のための図書コンクール(1819-1821)―

梅澤礼(うめざわあや)
Traduction(s) :
Réformer par le livre : Une initiative méconnue de la Société royale pour l’amélioration des prisons (1819-1821) [fr]

Texte intégral

はじめに

  • 1 Catherine Duprat, « Punir et guérir. En 1819, la prison des philanthropes », dans Michelle Perrot (...)

1 ナポレオンがワーテルローで敗北し、王政が復古してしばらく経った1819年4月、国王ルイ18世は王立監獄協会という団体の設立を命じた。この時代はカトリーヌ・デュプラが示したように、博愛主義の全盛期だった1。そのため、監獄にいる「不幸な」囚人たちの境遇を改善しようという国王の呼びかけは強い支持を得、協会はあっという間に321人の会員と5

28千フラン(現在の価格で約5800万円)の活動資金を得た。さらに国王は5万フラン(約5000万円)を協会に寄付し、匿名の人物からも1000フラン(約100万円)が贈られた。

3 ではどのように活動していったらよいのか。8月7日に内務大臣ドゥカーズが発したアレテは、王立監獄協会に、以下に関する意見をまとめるよう求めた。すなわち、「年齢、性別、罪状による囚人の分類について。監獄内に導入可能と思われる労働体系や労働対価の支払いについて。内部規則、衛生状態、治安状態、囚人の宗教・道徳的教育について。食事、衣服について。そして建物内部もしくは建物そのものの拡張、建築、配置替えについて」である。つまり監獄は物質面だけでなく、精神面でも改革されなければならなかった。囚人の生活レベルの引き上げだけでなく、囚人の道徳の改良も求められていたのである。その囚人の改良のために協会が目をつけたのが、匿名の人物から送られたあの1000フランであった。協会は囚人のための図書のコンクールを開催し、優勝した作家に1000フランを与えることにしたのである。だがそもそも囚人に字が読めたのかと疑問に思われる人もいるかもしれない。たしかに彼らの多くは字が読めなかった。しかし囚人に本を読ませようというこのアイディアは、監獄に学校を作り初等教育を行なうという計画と連動していたのである。

4 本稿では、すでにいくつかの研究が明らかにしている王立監獄協会の活動内容をたどるのではなく、協会によるこの活動――囚人に読ませる図書のコンクール――に注目する。囚人のための図書はどのように選ばれたのか。監獄や囚人はどのように描かれているのか。コンクールの開催はどのような歴史的意義を持っていたのか。

囚人のための図書コンクール

  • 2 たとえばジャン=クロード・ヴィモンは、カルボナリ党員シルヴィオ・ペリコの回想録の翻案に注目しており、その論文は本サイトで閲覧することができる。Jean-Claude Vimont, Silvio P (...)
  • 3 « Programmes des prix que la Société royale pour l’amélioration des prisons doit décerner dans sa (...)
  • 4 同上、p. 4.
  • 5 同上、p. 4.
  • 6 同上、p. 4.
  • 7 同上、p. 6.

5 19世紀は青少年、女性、労働者のための啓発文学が次々に生まれた時代だった2。「囚人という読書層のために特別に書かれた本3」を求めたこのコンクールもまた、囚人のための図書という一つの文学ジャンルを創出したと言えるのかもしれない。事実、王立監獄協会は、募集する本の読者層だけでなくその内容も規定していた。囚人のための図書とは、「読者を引きつけ、道徳がいわば知らず知らずのうちに心の中にすべりこんでくるようなもの4」だというのだ。だからといってどのような道徳でもよいというわけではない。囚人のための図書は、読者に、「自分たちをもっともよく案内し、もっともよく慰めてくれるのは宗教なのだ5」ということを教えなければならないのだ。それだけではない。本を読んだ囚人は、労働にもはげむようになり、そこに社会復帰の希望を見出すはずだという6。つまり作家たちはこれらの条件すべてに合うように書かなければならなかったのである。作品の募集を終えるにあたり、協会は次のように応募者たちをはげました。「男女の差、年齢の差、犯した罪の差などで、こうした情景にバリエーションをもたせることができるだろう7。」囚人のための図書においては、監獄改革家が下書きをし、作家にはいわば色づけが求められたのだということがわかる。

  • 8 ラ・ロシュフーコー=リアンクールは、親子二代にわたって監獄改革にたずさわっている。息子は1840年代の監獄論争で活躍することになる。
  • 9 ジュッシューは植物学で有名なジュッシュー一家の出身である。
  • 10 « Programmes des prix que la Société royale pour l’amélioration des prisons doit décerner dans sa (...)

6 作品の募集は1820年5月に締め切られ、翌年3月、審査が終了した。審査結果の発表にあたったのは、ラ・ロシュフーコー=リアンクールだった8。応募作品のうち半数はすぐに落選してしまった。というのも一部の作品においては囚人の改良に宗教がほんの少ししか関与していなかったからであり、また一部の作品では、善と悪の区別がはっきりしていなかったからである。ある作品などは、登場人物が読者に悪影響をおよぼすおそれがあるということで却下された。結局、王立監獄協会の出した条件をすべて満足させることができたのは、わずか二作品だけだった。アシャール・ジャムの『ローラン、もしくは囚人たち』と、ローラン・ド・ジュッシューの『アントワーヌとモーリス』である9。このうち優勝したのはジュッシューだった。というのも、もう一人の候補者ジャムの描いた登場人物は、王立監獄協会の目から見て「真実味に欠ける10」ところがあったからである。とはいえ協会はジュッシューだけでなくジャムの作品も出版し、各監獄に配布することにした。もちろん作者たちが、指示された箇所の修正に従うという条件においてである。どのようなコンクールであれ、審査員が作者に修正を求めるというのは、きわめて自然なことである。だが囚人のための図書コンクールにおいては、審査員は文学関係者ではないということを忘れてはならない。文学作品を審査し、作家に修正を指示し、作品の出版を許可したのは、あくまで監獄改革家なのである。このことは囚人のための図書の大きな特徴のひとつであり、以降の作家と監獄改革家、さらには作家と犯罪学者の関係にも大きく響いているのではないかと思われる。

主要登場人物

7 ジャム作『ローラン、もしくは囚人たち』の主人公ローランは、徒刑、つまり投獄の中ではもっとも重い刑を宣告された人物である。では、いったいどんな罪を犯したのか。このことについて作者は何も書いていない。ただローランには弟がいて、やはり罪を犯して監獄にいたものの、すでに出所したということだけが記されている。弟は出所できたわけだが、兄ローランのほうは終身刑である。ローランは徒刑場への移送準備が整うまでのあいだ、一時的に、物語の舞台となる監獄に滞在しているにすぎないのだ。だがここでローランは、慈愛に満ちた司祭に出会い、改心する。この監獄にいる、ローランよりも罪の軽い囚人たちもまた、ローランの影響を受けて心を入れ替える。そんな彼らの静かな生活が大きく変わる事件が起こる。1818年2月6日、ルイ18世の恩赦に関するオルドナンスの発布である。囚人たちはこのオルドナンスを知り、国王万歳と叫び、喜びにわきたつのである。さて、ローランの徒刑場への出発の日、囚人たちだけでなく看守たちもまた深く悲しむ。とそこへ、司祭が手紙を手に走ってくる。ローランに国王の恩赦が下ったのだ。囚人たちは歓喜し、物語は終わる。

8 他方、優勝作品であるジュッシューの『アントワーヌとモーリス』の登場人物たちはといえば、必ずしも監獄関係者ばかりではない。物語の語り手は、ある一家の父親である。彼はある日、家族と同僚たちに対し、自らの過去を毎晩少しずつ語りたいと言い出す。その過去とは、非行少年、そして囚人としての過去であった。登場人物たちが限定され、いわば監獄の中に閉じこめられていた『ローラン、もしくは囚人たち』にくらべ、『アントワーヌとモーリス』の物語は監獄にとどまらず、犯罪がより深く描かれようとしているのがわかる。

  • 11 Laurent de Jussieu, Antoine et Maurice, deuxième édition, Paris, Louis Colas et Cie, 1869, p. 72.
  • 12 同上、p. 52.

9 主人公アントワーヌは悪友モーリスにそそのかされ、若いうちから酒場に通うようになる。そしてやはりモーリスにふきこまれて、父親から金を盗んでしまう。二人は生まれ故郷を離れ、泥棒として生きてゆくことを決める。ところがある日、アントワーヌはモーリスに裏切られ、逮捕されてしまう。そして10年の禁固刑を言い渡されるのである。この拘禁のあいだに、アントワーヌは改心する。主人公を助けたのは、ここでもやはり宗教だった。とくにいくつか象徴的なシーンがある。たとえばアントワーヌは司祭に、よい態度を見せていればすぐにでも出所できるものだろうかとたずねる。早く出所して父親に会い、いままでのことを謝りたいのだ。それに対し司祭は、「国王はあなたがた囚人に恩赦を下したがっておられるのですよ11」と伝えてはげます。だが仮に予定より早く出所できたとして、はたして父親は自分を許してくれるだろうか。不安げにたずねたアントワーヌに司祭は答える。「神もまたあなたの父親です。しかしこの父親は、人々の心の奥を読むのです12。」司祭のこの二つの返答は、囚人のための図書、というよりも王立監獄協会の性質を非常によく表している。というのも、司祭によれば、改心した囚人と偽善者を見分けることのできるのは神のみである。神は心を読むことができるからだ。しかし現実には囚人を赦すのは国王である。したがって国王とは、神にも匹敵する力をそなえた人物ということになる。そして囚人たちは、みな国王の息子であるということになるのである。

10それから、『ローラン、もしくは囚人たち』と同様、『アントワーヌとモーリス』の主人公も、ほかの囚人たちによい影響を与える。たとえば登場人物の一人である老囚人ジャックは、子どものころから盗みをくりかえしてきた。だがアントワーヌを見て、自分も死ぬ前にまっとうになれるのではないかと希望を持つようになる。実際ジャックは改心し、司祭や修道女たちに見守られながら息を引きとる。また、アンドレという若い囚人も、主人公に感化されることになる。監獄に着いたばかりで落ちこんでいるアンドレを見て、アントワーヌは司祭を紹介する。するとアンドレは悔い改め、労働にはげむようになるのである。結局主人公アントワーヌは模範囚として、国王の恩赦を受けて出所する。そして父親の友人が責任者をつとめる工場でやとわれ、最終的にはその娘と結婚して工場長になるのである。

11 ジャムが描く囚人とジュッシューが描く囚人は、もともとそれほど似ているわけではない。年齢も、性格も、置かれた状況も、すべて異なっている。しかし二つの作品において、どちらも主人公は宗教のおかげで心を入れ替え、ほかの囚人たちの更生も助けている。作家たちが王立監獄協会の指示にどれだけ忠実に従ったかを示すかのように、囚人の道徳的改良というテーマも、そして囚人がどのように改良されるかも、二つの作品では共通しているのである。

アンチ・ヒーロー

12 もう一つ共通している点として、どちらの作品においても、模範的な囚人だけでなく反面教師的な役割を担う人物が描かれていることがあげられる。ただしこれは王立監獄協会が指示したことではなかった。というのも協会が求めたのは、あくまで改心する囚人の描写であって、改心しない囚人の描写ではなかったからである。では作家たちはどのような悪役を、どのような意図で登場させたのか。

13 まず『ローラン、もしくは囚人たち』の場合、主人公ローランの対極として描かれているのはデュマという登場人物である。デュマは徒刑のローランよりもずっと軽微な罪を犯しており、ほどなく釈放されることになっているのだが、反省するようすを一向に見せない。こうした人物が描かれているということは、当時の人々がすでに罪の度合い=堕落の度合いではないことに気づきはじめていたことを示している。作品中、デュマには何度も改心の機会がおとずれるが、彼はかたくなに拒絶しつづける。そして罰として地下牢に閉じこめられた結果、司祭の話に耳をかたむけることもなく、ついには脱走目的で看守を一人殺してしまうのである。デュマはすぐにつかまり、ふたたび地下牢に戻され、今度は鎖につながれる。それでも懲りずに次なる脱走をくわだてているのである。この間、地上ではほかの囚人たちが、ローランにはげまされて更生しようとしている。上と下、明と暗、仲間と孤独、動と不動、そして善と悪。囚人たちとデュマとではすべてが対照的であることがわかる。そしてそのキリスト教的な結末もまた、いわゆるよい囚人と悪い囚人とのコントラストを呈している。ローランが恩赦を受けたその日、デュマの処刑が準備されるのである。よい囚人は天をめざして上昇し、悪い囚人は地獄に落ちるというこの作品の道徳的メッセージは、まさに王立監獄協会好みだったと言える。だが作者としては、審査員たちに気に入られようとしてこのように描いていたわけではないだろう。コンクールに落選した作品の中には善と悪の区別がつきづらいものがあったというが、それとは異なり、ジャムの作品における二人の登場人物の対照的な描写は、教育を受けたばかりの囚人にも、善と悪とを無理なく見分けることを可能にしてくれるのである。

  • 13 同上、p. 92-93.
  • 14 同上、p. 102.
  • 15 同上、p. 117.

14 ではジュッシューの作品のほうはどうかというと、悪役は一人ではなく複数登場する。作品における「悪い囚人」の数は、むしろ「よい囚人」の数を上回ってさえいる。たとえば老囚人ジャックが司祭や修道女たちに看取られていたときのことであるが、同じ看護室にはある別の囚人が横たわっていた。その囚人は次のように描写されている。「髪は逆立ち、目は血走り、頬はこけ、手足はやせ細り、顔は青ざめ、口は泡をふいていた。(略)みずからの爪でひっかかれて顔は血だらけになっており、こわばった指は、みずから引き抜いた一塊の頭髪を握りしめていた13。」ジャックが天へと召されようとしているとき、この囚人はあたかも地獄に落ちかけているかのように描かれているのである。ここにも『ローラン、もしくは囚人たち』と同じ、一種の天国と地獄の、垂直の司法観のようなものが見られるだろう。さて、ジャックを看取った司祭はこの囚人に近づき、苦しみをやわらげてやろうとする。ところが司祭が近づくのを見て、囚人はさらにうめき苦しむ。司祭の姿におびえるその姿は、悪魔の姿を連想させる。事実、アントワーヌ自身、まわりの囚人たちを悪魔のようだと言っている14。彼らは働かず、けんかばかりしていて、アントワーヌがさとしても一向に聞き入れないからである。アントワーヌを裏切った悪友モーリスも、こうした囚人の一人となる。結局つかまって監獄に送られてきた、「見たところ神に祝福される価値はない15

  • 16 同上、p. 112.

15モーリスに、アントワーヌは言う。「この二つの道を見るんだ。まだ君は選ぶことができる。一つは不名誉と処刑台へとつながっている。もう一つは君を尊敬と人々の評価へいざなってくれる16。」だがモーリスはこのアントワーヌの助言を聞き入れることなく、処刑されるのである。

  • 17 同上、p. 41-42.

16 『アントワーヌとモーリス』に登場する悪役たちは、このようにみな地獄堕ちの者として描かれている。しかし作者は、こうすることで読者をおそれさせようというのでもなければ、悪い囚人たちの処刑を正当化しようというのでもない。その証拠に、これら囚人たちに対し、司祭も主人公もつねに救いの手を伸ばしつづける。病気の囚人もモーリスも、どちらも死の一歩手前にいたわけだが、彼らの救済を司祭も主人公も決してあきらめようとはしないのである。司祭はまるで口癖のように言う。「天は罪を犯したことのない99人の善人よりも、回心した一人の罪びとのほうを喜ぶのです17。」『アントワーヌとモーリス』の表紙にも、セネカのこの言葉が刻まれている。「善に戻るのに遅すぎるということはない。」「悪い囚人」を描くことで作者が読者に訴えたかったこと、それは彼らにも更生する可能性が十分に残されているということだったのである。

監獄

17 作品に描かれる囚人の改良のようすについては細かく指示を出した王立監獄協会であったが、改良されない悪役の描き方はもちろんのこと、監獄の描写に関しても一言も述べていなかった。つまり監獄の描写にも、悪役の描写と同じくらい、もしくはそれ以上に、それぞれの作品の特徴が見られるということになる。

  • 18 Jean-Marie Achard-James, Laurent, ou les prisonniers, Chez Madame Huzard, 1821, pp. 98-99.

18 まずはジャムが『ローラン、もしくは囚人たち』でどのように監獄を描いていたのかを見てみよう。物語の背景となる監獄では、囚人たちはデュマをのぞき、みな自由に会話し、互いにはげまし合っている。この囚人たちの気立てのよさは、真実味がないと審査員たちから批判されることになった。だが真実味がないのは、囚人よりもむしろ監獄のほうだった。ジャムの描く監獄は、熱意にあふれた所長と、正しい司祭と、兄のような看守たちで構成されている。彼らはみな、囚人たちが互いに更生させ合うのを見守り、助けているのである。ローランから「昔の」監獄がどんなだったかを聞いたある看守は、涙を流してこのように叫ぶ。「なんだって!囚人たちを手ひどく扱っていただなんて!18

  • 19 同上、p. 1-2.

19だがこれは「昔」ではなく、当時の一般的な監獄の姿だった。看守が囚人にとって暴君のようにふるまっていることは、王立監獄協会も問題視するほどだった。だからこそ作品の冒頭で、ある囚人はこう言っていたのだ。「よくよく考えてみて、この監獄以上のところがあるだろうか。守衛は温和だ。鍵係は誰にも暴力をふるわない。食糧はきちんと配られる。藁だって毎週取りかえてもらえるじゃないか19。」では、この監獄を出た者は、その後どうなるのだろうか。ローランの弟は5年の刑期を終えたあと、生まれ故郷に戻り、みなの愛情を受けている。読者には、同じような運命が、ローランと、そしてほかの改心した囚人たちを待っているであろうことが想像される。だがこれもまた現実に反することであった。

  • 20 ラ・ロシュフーコー=リアンクールはこの箇所を、『アントワーヌとモーリス』の中でもすばらしい場面の一つだとしている。1820年代当時は、囚人の生活レベルを労働者の生活レベルを目標に引き上げることが求 (...)
  • 21 Laurent de Jussieu、前揚書、p. 88.
  • 22 同上、p. 69-70.

20 同様に、ジュッシューの描く監獄も、当時の監獄の状況とは大きく異なっていた。アントワーヌは監獄の外観を大きなマニュファクチュアと比較しているが20、この監獄は外観だけでなく、規則においてもまた独特であった。所長はアントワーヌに、労働は義務ではなく、ただ労働にはげめばそのぶん規則が緩和されるとのみ告げる。囚人は、本人が望むならば、読み書きを習うこともできる。つまりこの監獄において、囚人はなにも強制されず、しかし意欲はむくわれるのである。それからまた、ジャックともう一人の囚人がいた看護室も、アントワーヌによれば「社会が、堕落してしまったメンバーをほんとうは締め出したくないと思っている」こと、そして、「ひどい侮辱を受けてもなおそのメンバーの面倒を人道的に見ている」ことの証であるという21。つまり監獄は、罪を犯した者が罰を受ける場所としてではなく、社会復帰するための場所として描かれているのである。ではその監獄を出た囚人はどうなるのか。すでに述べたようにアントワーヌは恩赦を受けて出所し、工場長となる。そして彼の身の上話は家族や仲間の涙をさそい、彼はいままで以上に尊敬されることとなる。この結末はアントワーヌが監獄でモーリスに語ったあの言葉を思い起こさせることだろう。「この二つの道を見るんだ。まだ君は選ぶことができる。一つは不名誉と処刑台へとつながっている。もう一つは君を尊敬と人々の評価へいざなってくれる。」改心した囚人は社会に戻り人々に尊敬されるのだということを、作者は示そうとしているのである。だがここで、そのアントワーヌがジャックの身の上話を聞いてなんと言ったかを見てみよう。「ああ、僕の不幸な仲間よ。人々にあわれまれる望みがもはやなくても、神のあわれみは偉大で、つきることはない。神の前で悔い改めるのにもう遅いなどということは、決して、決してないんだ22。」アントワーヌはジャックに、人間たちが寛大でなくても神はあわれんでくれると言っている。この言葉は、アントワーヌ自身がモーリスに言った先の言葉と矛盾してはいないだろうか。

21 囚人のための図書における監獄や社会の描写はなぜこうも複雑なのか。まずジャムの場合から見てみよう。たしかにそこに描かれている衛生的な監獄と共感的な看守たちとは、まさに王立監獄協会のめざすものであった。だが1820年の監獄はそれとはほど遠かった。理想的な監獄を「現在の」監獄として、そして1820年の監獄を「昔の」監獄として描いたジャムは、囚人が改良されるような未来のためには、いま監獄を改良しなければならない、そう訴えていたのではないだろうか。ローランの弟が戻っていった社会も、同様に現実のものではない。ジャムは社会のメンバーに対しても、囚人への態度の「改良」を求めているのだ。監獄も、社会も、囚人も、みな近い未来に改良されるのだというきわめて19世紀的な確信のもと、その改良を後押しする当事者として、ジャムが作品を執筆していたことがうかがえる。

22 こうした姿勢は、ジュッシューの作品にも別の形で表れている。労働も宗教も規則の厳しささえも、すべてが囚人に任せられているジュッシューの監獄は、ラ・ロシュフーコー=リアンクールが称賛したことからもわかるように、いままさに実現されようとしている監獄である。だがこの作品においては、囚人たちはまず更生しない。そしてまた、釈放囚の社会復帰も簡単ではない。ジャックもアントワーヌも、改心したものの、自分たちが社会に受け入れられるかどうかわからずにいるのだ。それにローランの弟とちがって、アントワーヌは生まれ故郷には戻らない。彼の過去を知るのはのちの義父だけであり、その過去を告白するのも、地位がしっかりと固まってからのことである。この理想と現実のもつれをほどくには、登場人物の一人、アンドレに注目する必要がある。すでに見たように、若いアンドレは主人公の助けを得て改心する。その後出所した彼は、アントワーヌから自分の工場で働くようさそわれる。アンドレの更生と社会復帰は、すべてアントワーヌの更生と社会復帰によってもたらされたものなのである。このように考えると、アントワーヌが、多くの「悪い囚人」の中の例外的な「よい囚人

23などではないことがわかる。アントワーヌは、いままさに実現されようとしている監獄における一人目の囚人なのであり、若いアンドレはそのあとにつづく未来の囚人なのである。とすれば、ジャックの改心と死はなにを象徴しているのか。この老囚人は、過去の監獄と過去の社会を体現している。ジャックの改心と死は、囚人を堕落させる監獄と釈放囚を追い払う社会が、「改心」して姿を消すことを意味していたのである。

24すでに確認したように、囚人のための図書の下書きは王立監獄協会によってすでに作られていた。だが作家たちはそれに単に色づけをしただけではなかった。読者となる囚人たちへの配慮や改革への気概がなかったら、はたしてここまで見てきたような登場人物たちや舞台は描かれえただろうか。ジャムとジュッシューの作品と、コンクールに応募されたほかの作品との違い、言い換えれば囚人のための図書の最大の特徴とは、改革家の指示を忠実に守ったことではなく、みずからが当事者、しかし改革家とは別の立場にある当事者であると自覚したうえで、監獄と囚人を描いたことにあるのではないだろうか。

おわりに

25 囚人のための二冊の図書は、各監獄に配布された。だが政治・経済的理由から、監獄に学校を作る計画は頓挫し、改革家や作家たちが思い描いていたような囚人の道徳化は果たされないまま王政復古期は幕を閉じた。

26 とはいえ図書コンクールの開催は、その後の監獄問題に大きな変化をもたらすことになる。王政復古期まで、この問題にたずさわっていたのは、各政権下で作られたいくつかの委員会のメンバーたちだけだった。だが王立監獄協会の設立によって、監獄問題への関心は急激に高まり、1820年以降、医師、博愛家、それに衛生学者たちは、一人また一人と、監獄について積極的に書くようになる囚人のための図書コンクールと受賞作品の出版は、監獄に関心を持つこうしたさまざまな人々を激励し、彼らにいわば監獄の門扉を開放することとなった。こうして監獄は、学際的な意見交換の場になったのである。

27 このことは作家たちにもまた、新しいテーマを与えることになった。たしかに1820年以前にも、監獄という場に魅せられた作家たちはいた。だが彼らの作品において、監獄はあまり重要な役割を担ってはいなかった。それにこれら1820年以前の作家たちは、監獄を「牢屋」のようなあいまいなイメージで描いていたにすぎない。それに対し、王立監獄協会は作家たちに、あくまで近代の懲治監獄を描くよう要求した。そしてこれ以降、作家たちは社会問題としての監獄に関心を示し、監獄や囚人を作品に描くことで改革に関わってゆこうとするのである。たとえばルイ=フランソワ・ラバンの『囚人』(1826)という小説は、甥の恋愛を助けようと、その恋人を誘拐して投獄されてしまう男を主人公にした喜劇であるが、ラバンはこの男に、監獄の問題点について鋭い考察をさせている。それから1830年ごろになると、オーギュスト・リカールの『ジュリアン、もしくは釈放徒刑囚』(1830)やヴィクトル・ユゴーの『クロード・グー』(1834)、それにラヴィル=ド=ミルモンの『釈放囚』(1835)のように、粗野な看守や釈放囚の迫害が作品の中で非難されるようになる。その後ウージェーヌ=フランソワ・ヴィドックやイポリット・レナル、それにピエール=フランソワ・ラスネールといった元囚人たちも回想録で監獄問題について述べるようになり、1840年代には、ユゴー、オノレ・ド・バルザック、そしてウージェーヌ・シューといった有名作家たちが、監獄をめぐる法案に、みずからの作品や演説を通して参加するようになるのだ。王立監獄協会による1819年の図書コンクールは、近代監獄と文学との最初の接点でもあったのである。

Haut de page

Notes

1 Catherine Duprat, « Punir et guérir. En 1819, la prison des philanthropes », dans Michelle Perrot (dir), L’Impossible prison. Recherches sur le système pénitentiaire au XIXe siècle, Paris, Seuil, 1980.

2 たとえばジャン=クロード・ヴィモンは、カルボナリ党員シルヴィオ・ペリコの回想録の翻案に注目しており、その論文は本サイトで閲覧することができる。Jean-Claude Vimont, Silvio Pellico, Mes prisons. Un « best-seller » de l’édification. Criminocorpusにて閲覧可能。

3 « Programmes des prix que la Société royale pour l’amélioration des prisons doit décerner dans sa séance du mois de Juillet 1820 », p. 3.

4 同上、p. 4.

5 同上、p. 4.

6 同上、p. 4.

7 同上、p. 6.

8 ラ・ロシュフーコー=リアンクールは、親子二代にわたって監獄改革にたずさわっている。息子は1840年代の監獄論争で活躍することになる。

9 ジュッシューは植物学で有名なジュッシュー一家の出身である。

10 « Programmes des prix que la Société royale pour l’amélioration des prisons doit décerner dans sa séance du mois de Juillet 1820 », p. 7.

11 Laurent de Jussieu, Antoine et Maurice, deuxième édition, Paris, Louis Colas et Cie, 1869, p. 72.

12 同上、p. 52.

13 同上、p. 92-93.

14 同上、p. 102.

15 同上、p. 117.

16 同上、p. 112.

17 同上、p. 41-42.

18 Jean-Marie Achard-James, Laurent, ou les prisonniers, Chez Madame Huzard, 1821, pp. 98-99.

19 同上、p. 1-2.

20 ラ・ロシュフーコー=リアンクールはこの箇所を、『アントワーヌとモーリス』の中でもすばらしい場面の一つだとしている。1820年代当時は、囚人の生活レベルを労働者の生活レベルを目標に引き上げることが求められていたのだ。だがミシェル・フーコーをはじめ多くの研究者に指摘されているように、1840年代になると囚人は労働者と対立させられるようになる。

21 Laurent de Jussieu、前揚書、p. 88.

22 同上、p. 69-70.

Haut de page

Pour citer cet article

Référence électronique

梅澤礼(うめざわあや), « 監獄と文学の出会い ―囚人のための図書コンクール(1819-1821)― »Criminocorpus [En ligne], Varia, mis en ligne le 13 juin 2014, consulté le 27 mai 2024. URL : http://journals.openedition.org/criminocorpus/2747 ; DOI : https://doi.org/10.4000/criminocorpus.2747

Haut de page

Auteur

梅澤礼(うめざわあや)

パリ第一大学史学博士日本学術振興会特別研究員PD(文学)

Haut de page

Droits d’auteur

CC-BY-NC-ND-4.0

Le texte seul est utilisable sous licence CC BY-NC-ND 4.0. Les autres éléments (illustrations, fichiers annexes importés) sont « Tous droits réservés », sauf mention contraire.

Haut de page
Rechercher dans OpenEdition Search

Vous allez être redirigé vers OpenEdition Search